地域住民の健康及び福祉の増進に寄与する
一般財団法人豊中医療保険センター
お問い合わせはTEL:06-6848-1661

法人概要

HOME法人概要 > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

 豊中市医療保健センターは、豊中市の地域医療体制を確立し、地域住民の健康の増進に寄与することを目的として、
豊中市と三師会(一般社団法人豊中市医師会、一般社団法人豊中市歯科医師会及び一般社団法人豊中市薬剤師会)とが
昭和49年(1974年)に設立した財団法人です。
  昭和52年(1977年)に休日急病診療、看護師養成、健康教育・健康相談、臨床検査などの事業を開始しました。その後、
「障害者歯科診療」などの福祉分野における事業を実施し、さらには、平成9年度(1997年度)に、豊中市立老人保健施設かがやき(当時)の運営を受託したことを契機に、新たに「福祉の増進」を当センターの目的に加え、地域におけるセーフティネット機能のさらなる充実を図り、地域に根ざした、幅広い事業を展開してまいりました。
  その後、時代の変化、ニーズに対応して、事業を改廃・拡充し現在に至っており、市民の信頼と期待に応える施設として定着しています。
 事業の実施に当たっては、豊中市及び三師会と常に連携し、協働しながらそれぞれの専門分野における知識や技術を結集し、総合力を発揮しています。
  また、超高齢化社会の到来や地域包括ケアシステムの構築をはじめ、当センターを取り巻く環境が大きく変化するなかで、今後の経営の方向性を明らかにするため、平成28年度(2016年度)に「経営改革プラン」を策定しました。
  当該プランでは、改めて、経営理念として、
 ●豊中市の地域医療体制を確立する
 ●地域住民の健康の維持及び福祉の増進を図る
 ●公益の増進に寄与する
を掲げており、「組織全体としても、職員一人ひとりとしても、公共の利益を最優先に真摯な活動を行うとともに、財源・人材などの経営資源の自立的な確保・育成を図り、永続的に地域及び社会に貢献できる事業体をめざす」ことを基本姿勢として、職員が一丸となって改革に取り組んでいるところです。
 市民の皆さんの健康や福祉の維持、増進は、生活の基礎です。今後とも、これを支える様々な事業を推進し、「安全に安心して元気に住み続けられるまち」の実現に貢献してまいります。

一般財団法人豊中市医療保健センター 理事長 足立 佐知子



一般財団法人
豊中市医療保健センター
〒560-0012
豊中市上野坂2-6-1
TEL 06-6848-1661
FAX 06-6852-6635
交通アクセスはこちら